昨日の記事の続きになります。



今日は幸いにも私の仕事はお休みだったので、

昨日悩んでいたびぃさんの処方食の件を

尋ねに病院に行ってきました。

P_20170123_134053.jpg

びぃびぃ号で犬山へ



いろいろ心配な事をお伺いしました~

結果、

1.肝臓のお薬を再開すること

2.腎臓の血液検査の数値は悪くないので、
 
 経過観察とすること

3.処方食は現在は必要ないこと

4.アレルギー検査をしても、必ずしも特定できない

 ので、食物アレルギーを心配なら、元気で体調の

 良い時に一度気になる食物やフードを食べさせ

 実験してみる。

 その結果でキチンにアレルギー反応がなかったら

 治療の幅が広がる、と仰いました。有り難い言葉でした。


5.肩やお腹、胸の腫瘍も経過観察

 余りに大きくなったら、びぃさんの体調なら

 まだ手術できるので、手術に関してはの

 麻酔などの心配はないとのこと






私は腎臓の石灰化が気になる、という事を

お伝えし、腎臓のお薬を飲む前に

食事などで、進行を遅らせたい気持ちがある

旨をお話しし、シニア犬なので、できるだけ

現状維持で良いこと。

一生懸命になってしまうのは、私が働いているので、

その間はびぃさんは家で一人苦しんでいるのは

可愛そうなので、なるべく、早め、早めの対処を

して、苦しまないようにしたいという事をお話しさせて

頂きました。


ひとまず、気持ちの整理がついたので、

次は、びぃさんの体調、そして、お天気や気温

を見てチキンを一度食べさせてみよう、と思います。


ただ、大豆は甲状腺には良くない事は分かっているので、

実験はしません。

 

P_20170123_134044.jpg

ガムテープの跡が貧乏くささを醸し出す~
スポンサーサイト

本当はブログのお引越しの計画を立ててましたが、

小休止となりました。


びぃさん、去年のエコーで、腎臓の石灰化が分かり、

一月に再検査をするという話でした。

そして、検査をし、検査の結果を電話で確認したら、

腎臓の数値は正常範囲内でしたが、肝臓の数値

が悪かった。


去年の秋に肝臓良くなったので、お薬を止めていましたが、

一度お薬を飲まなくてはいけなくなりました。


びぃさんは以前鶏肉を食べていた時に、皮膚を痒がったり、

くしゃみがよく出てたので、鶏肉は合わないのかと思い、

その後はずっとラム肉のフードをあげてます。


びぃさんの腎臓ですが、血液検査の数値が正常範囲内

とは言え、石灰化しています。

処方食はキチンが原料なので、びぃさんの

鶏肉の件を獣医さんにお伝えしたところ、フードは今までのもので、

変えない方が良いであろうと、いう答えでした。


腎臓の処方食で鹿肉フード

の商品を見つけました。

でもね、フードの中に「大豆」が入ってるんです。

びぃさんは甲状腺機能低下症なので、大豆は良くないのです。


きちんと、獣医さんのところで、アレルギー検査をして頂き、

本当に鶏肉が合わないのか検査して貰ったほうが

良いかもしれません。


もう一つは、手づくり食という選択肢もありますが、

びぃさんは生肉を上手く消化できないんです。

加熱なら以前は消化できてましたが、今はどうなんでしょうか。

加熱にするなら、カルシウム源の「骨」はうまく消化できるの

でしょうか・・・魚まるごと摂取で骨まで食べてクリアーするのか。

ずーっと、本とかネットで調べても分からなくなってしまいました。


やはり、アレルギー検査でしょうか。


P_20170103_135724.jpg

今年もよろしく~

昼間の暖かい時間にお散歩に行きました♪


P_20170103_125820.jpg

いつもお野菜を頂くご近所さんの息子さん一家が

お正月なのでいらっしゃってました。

息子さんご一家のワンさんと初対面。


P_20170103_125747.jpg

ダックスフンドのシェリーちゃん・雌・4歳♡

大人しくて、人見知りさん。

ご主人さまの後ろに隠れる素振りをします。

怖がりさんのように、吠えることはありませんでした。

愛情を注いでもらっているワンコさんでした。





P_20170103_135706.jpg


今日はびぃさん頑張って歩きましたよ♪




いろいろ病気のことで心配なことも出てきましたが、

まずは、食欲・睡眠、脚の筋肉の維持です~。




謹 賀 新 年

皆様のご健闘とご多幸をお祈り致します。

本年も宜しくお願いいたします