こんばんわ。


飼い主は昨日から発熱し、出勤はできるもの、やはり今日も早く寝て明日に備えることとしよ~と。
疲れたら、「寝る派?」「食べる派?」ですかね。
私は断然「寝る派」ですねぇ。 以前は不調の時は栄養剤や薬を飲んだりしてましたが、帰宅したら、やる事はまず横に置いておいて、まずは寝ると、翌朝は出勤できるレベルに体ができていて、今更ながら、睡眠の大切さが判りました。
今までは、若かったから、多少の不調でも何とかなりましたが、今はダメですね。




さてさて、先回はびぃ姫の皮膚の事を書いたままでした。
この事をいろいろ書きたかったのですが、こんな体調になってしまいましたので、簡単に書きますと~、
 
びぃ姫はマラセチアに感染してたので、専用のシャンプーと抗生剤、腸の調子を整える乳酸菌を処方して頂き、甲状腺の薬か強いかもしれないので、甲状腺のは今までの半分になりました。
今週中に一度シャンプーをし、皮膚の状態を診せて下さいと云うことでしたが、飼い主の身体を優先し、シャンプーは今週は無理です。 びぃ姫にはマラセチアに感染したまんまで痒いかもしれませんが、我慢してもらおう。(抗生剤が効いてくれるの良いんだけど) 獣医さんの治療も足踏み状態になると思うけど、ごめんなさ~い。

今日はびぃ姫の画像もなく、絵文字もないですが、おやすみなさい ☽☆





スポンサーサイト

びい姫さん先週の月曜に、さ、寝るか~!と布団に飼い主が入ろうとしたら、毎度のごとく、ゴソゴソゴソと、やって来て枕に登りかけた。 はっ!と見ると、首の一部と背中の一部の皮膚がボロボロになっており、フケ状に・・・。  
こりゃ~、寝れんよとしかたなく、夜の10時にシャンプーをするはめになりました。  ま、すっきり☆さっぱり☆なので良し!としました。

そして、その週の木曜に、なんと!首・背中はもとより、両足・・・ん、早い話、お腹以外がフケがイッパイで驚きました。 シャンプーしようにもシャンプーは切らしていて、どうにもこうにもならないので、この日は我慢して布団に登るびぃ姫のフケが飼い主の鼻や口に入らないように、顔をそむけ寝ました。
びぃ姫をサークルに入れようなら、ガウガウするので寝れやせんし~。

何年か前の冬に寒いだろう、と甘やかし布団に入れた飼い主がバカだった~その後は暑い夏以外は飼い主の枕に登り、夜中の起きて見れば!枕を横取りされ、姫のなに~、オッピロげでヘソ天で寝ておる。 飼い主はどうも、びぃ姫可愛さに無意識に除けておるのか、はたまた、びい姫何か呪文を使いよって飼い主を布団から叩きだすのか???足は布団の上ですが上半身から斜めって布団の外でありまする。 頭の血が下がるよ~。下がるよ~。
bipi.jpg 
お嬢さん、アンタさんの事だよ。ね?


いかん!もうこんな時間。この続きはまた次回。
近日中にシャンプーするのでこの事も書きます。 びい姫の‘お相手してくれなきゃ寝ないぞ’の目線が向こう側にあるが、今日は無視。
明日は早いのでこれにて!



びぃだよん

土曜日の朝に、何カ月ぶりでしょうか、びぃ姫を連れて少し離れた公園まで行きました。

途中で何度か体調を見ながら、抱っこしたりして、到着♪

びぃ姫は嬉しくて、道のニオイを嗅ぎ嗅ぎ ^^
あっちへ行き、こっちへ行き~。 飼い主は寝不足気味の頭でグッタリ

でもですね、犬らしく鳩を見据えたりする姿に飼い主ちょっとカンドー :;
嬉しかった~。 ここまで元気になってくれて嬉しいです。

帰りは疲れたのか、それとも、やはり心臓に負担がかかったのか、びぃ姫道で動かなくなり、飼い主が抱っこして帰りました。 
ちと、ショックでしたが、ま、楽しんだからイイよね❤としました。


家に帰ってから、飼い主は2度寝をしたことは言うまでもない・・・。
あったまいたい~♪

はじめまして
さとこです。 飼い犬・びぃちゃんのことや私の日々の事をたのしく書いていきたいです。
よろしくお願いします。


飼い犬・びぃちゃん、6歳の雌ワンコです。 現在11キロの少しおデブちゃんです。
6月に下痢になり、いつもの獣医さんに行っていたのですが、3週間目にこれはおかしい!!と病院を代えました。そこで、アジソン病と病名がつきましたが、その後も下痢は続き、絶食したり、病院の下痢の薬を飲んだ直後は柔らかいウンがでて、普通はその後は段々良くなって行くのですが、すぐ下痢になり良くはなりませんでした。
その後4ヵ月はそんなことの繰り返しでした。
アジソン病は良くなったり、悪くなったり、薬の数がキチンと決まるまで時間がかかること、そして、持病の心臓病、毛が抜ける事や長々と続く下痢、2年くらい前からお散歩の距離が短くなった事はすべてアジソン病が原因であるという獣医さんの言葉を信じて治療をしてきました。
そして、私もいけなかったのですが、ホルモン系の病気についてはまったくの無知でした。
これが一番イカンかったんですよ・・・。

その後、その病院で薬(フロリネフ)が効かないからと28日間注射薬の持続性があるDOCPを打ち、この日から急に体調が日に日に悪くなり、4ヵ月も続く下痢にもガマンの限界をとうに超え、隣の市にある総合病院に通うことを決めました。  少し前にセカンドオピニオンとして一度はお訪れていましたが、その時は治療をし始めて日がたってないので、アジソン病と診断をした病院で様子をみても良いかも、と言われましたが、藁をもすがる思いでペーパードライバーでしたが、レンタカーで走っていきました。

隣の市の動物病院まで私が走って行こう、と思い。またアジソン病に関する情報を短期間に知る事ができ、飼い犬が手遅れにならずにすんだのは、ネットでアジソン病のワンコを飼ってみえるヴぃーままさま、そしてヴィーままさまのブログに訪れる皆様のおかげです。  本当に感謝してます。 有難うございました。

10月6日もその総合病院に行ってきました。
飼い犬・びぃちゃんは甲状腺機能低下症である事は間違いなく、心臓は拡張性心筋症でした。
2週間後にアジソン病の薬が切れたまったくの状態でコルチゾールの検査と血液一般の検査をする予定です。


アジソン病の事を長々と書いてしまいましたが、このブログを始めよう!と思ったのは、ブログで問い合わせをした時に私が何者か?がすぐわかるようにしたかったのと、kaoruさんをはじめ他のワンコのママさまのブログにコメントさせて頂いてますが、やっぱり~、私が誰か判ったほうがいいかな?と思ったからです。 


ブログはパソコンとデジカメの操作が不確かでびぃちゃんが黒ワンでカメラワークが追いつかない為、
不定期の更新であると思われます


こんな、さとこのブログですが、遊びに来て下さいね