日曜にご近所さんから「つくし」を頂きました。

ご夫婦で土手で摘んできたそうです。

作り方も教えて頂きました。


水につけて灰汁を抜き、
つくしの「袴」を取ります。
そして、軽く下ゆでをします。
フライパンにごま油で炒め、市販のだし汁を入れます。
最後に溶き卵を流しいれ、完成です。


001_20160308172502c12.jpg

春ですね~♪




今日の朝イチのびぃちゃん・・・おめめがコワい  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


002_20160308172504e7c.jpg
スポンサーサイト

006_201602221917254ac.jpg


日曜にパンを焼いてみました。

ブログに載せる予定ではなかったのですが、
ブログのネタがなくなった。


毎度、箸休めていどの収穫量の野菜は
なん~と、いつも食べてから写真の取り忘れに
気がつく・・・  (ノ_<)

写真のキライなびぃさんは、カメラを向けると
コタツに走りこむ。
非協力的なヒトでする・・・

しか~た~がないので~、日曜日のパンに決まり!


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

はい。このパンは全粒粉を入れてみました~

だいたいの全粒粉のパンは、
強力粉を全体の3/4,
全粒分を1/4になってます。

今回はわざと、それぞれ1/2にしてみました。

結果は、かたーい

\(//∇//)\


やっぱりね~  (笑)









先日、いつも良くして頂いているご近所さんから冬ガンのレシピを頂ました。

地方新聞の切り抜きで、中学校3年生の女子生徒さんが考案したレシピでした☆



なんちゃってアップルパイ!?

↑これがネーミングだそうです♪


この新聞記事の曜日が判らないので、コピーの文章を簡単に説明すると~、
この女子中学再生さんが冬ガンをおかずとして食べていた時に
リンゴに似ていると思ってレシピを思いついたそうな~。

偉いね~。凄い!です❤

それでもって、思いついたらすぐに実行しレシピを考案したんだそうです!!

すごい!

行動力あり!だわぁ~


んで、ご家族は冬ガンとは気が付かずに召し上がってらしたそう。
わぉ!内心ガッツポーズだね。

中学生さんのお勧めは、冷凍パイ生地にのせて焼いたり、ヨーグルトにかけるのだそうです。
美味しそう。


本当に偉い中学生さんだこと☆

ほろろぉ~んと感動して、早速!アタシもスーパーに走り、材料を調達して、
あなたの考案したアップルパイを作ったわ!!


022_20151106202557971.jpg
↑ こちらでする~❤
中学生さん、こんな出来上がりになりました。 有難うございます!


・~・材料 (4人分)・~・

冬ガン    200グラム
砂糖     50グラム
レモン汁   小匙2
レーズン  30グラム
シナモン  小匙1
食パン   4枚


またもや甘党さんのワタシクシ~、砂糖50グラムじゃものたりなくて~、追加しました。
少し入れるつもりが、ドボっ袋から砂糖がこぼれ、オットット・・・泣

砂糖を追加するんじゃなかったぁ 泣

ごめんね、中学生さん、
近いうちに再挑戦するから~。


この後、シナモンを追加して、お味を調整しました。

リベンジだわぁ~~



またもや写真を撮りそのねた私。
今日は写真なしです。

ご近所さんに教えて頂いた料理です。


1、我が家のプランターのシソの穂で塩漬けを作りました。

シソの穂を指でつたってポロポロとシソの穂を落とします。
塩水につけて(私は一晩置きました)、清潔な瓶に入れ、
塩を入れて完成。
頃合いを見て、料理の隠し味にすると良いそうです。

薬味に少し入れてみようか~、と酢味噌の隠し味かな~?
とか想像を膨らませています☆

ご近所さん曰く、入れ歯の間に入るから最近はあまり食べてないそうです。
今度、試しにすり鉢ですってみましょうかね、と仰ってました。
いつも、いろいろご自分で研究されてる方で、
夏はゴウヤ料理をいくつか教えて頂きました☆



2、芋の蔓の油炒め

芋の蔓を灰汁抜きの為にゆでます。
冷めたら芋の蔓の皮をむきます。 これが地道な作業です。
私はテレビを見ながらむきました~。
これを3~4㎝ほどに切ります。
フライパンで胡麻油で炒めます。そこに砂糖をパラパラと入れます。
少し炒めたら、麺つゆか、液体だしのもとを薄めずにストレートを
回しかけます。 少しずつ入れて自分の好きなお味にして下さい。
少し炒めて、フライパンの蓋をして火を切り、あとは余熱で仕上げて下さい。

はじめに、灰汁抜きで茹でてあるので、短時間でおいしいです。



久しぶりに魚柄仁之助さんの「おいしいごはんはこうつくる」の本の中から、

最近私が凝っている「麩」を使った@‘たまねぎ玉子とじ丼’を作りました。

作った丼の写真を撮りましたが、PCに写真のデータを送り、その写真を見たらボケボケでした。

料理の写真を撮るのは難しいですね。


おいしいごはんはこう作る 魚柄仁之助