今日は最近読んで良かった本をご紹介します♪

病気を寄せつけない腸寿食
著:藤田 紘一郎   魚柄 仁之助


ええ~♪  またもや魚柄さんも書いている本でする。 (^∇^)ノ


「回虫センセイ」でお馴染みの藤田紘一郎先生と、
私の好きな食生活研究家の魚柄仁之助さんのコラボの
「腸寿」の本です。

藤田先生が「理論」を執筆し、魚柄さんが藤田先生の理論を
「実践」を手ほどきしてみえます。
魚柄流なので、手間無しで簡単です。 (^∇^)


藤田先生の話は腸内に環境を良くする方法が書かれてます。
腸内環境が良い=長生きできるという事と書かれてます。
DNAの染色体、テロメアの話から活性酸素に腸内フローラ
の話。 ガンを寄せ付けないデザイナーフーズと盛りだくさん。

長寿を保つ方法と秘訣が、判り易く網羅されてます。 v(o゚∀゚o)v



私は「油」、「炭水化物」の項目を読んで、今まで判りにくかったのが、
クリアーになりました。 良かったです。

今まで以上にパン作りに熱中しそうです  o(^▽^)o

乳酸菌の項目も必見で~す!














スポンサーサイト

019_20150928214855f07.jpg
カウンターの上のごはんをほしいなぁ~のびぃちゃんです☆


さてさて、この前、魚柄仁之助さんの「台所のおぢさん」
という本を買いました~~(笑)

「台所のおぢさん」 魚柄 仁之助著

1月1日から12月31日までの1年間に実際に魚柄さんが食べた料理
を一冊の本にしたものです。
もくじの料理の名前を見るだけでもこの本の楽しさが想像できます~。
例えば、
「悲しきシウマイ」とか、
「シャブ漬けにされた豚」、ちょっとアブナイ?
「辛味噌ゴーヤのハヒハヒ炒め」とか☆
楽しいねぇ♪

魚柄さんの料理は手軽に簡単にできるので料理下手の私にも
敷居が低くてチャレンジしやすいです。

私はどちらかと言うと甘めが好きなので、
お酒好きな魚柄さんのレシピの味に少し甘めをプラスして
料理を作ってます。

今回購入した、「台所のおぢさん」は、
1ページに文章が3列もあり!、レシピが盛りだくさんです!

魚柄さんの文章も面白くて、
仕事帰りに電車の中で読むと疲れがとれます~(笑)
おっと、料理が上手くなる以外にこんな使い方もあろうとは!!(笑)

「グゥエッ!きもわるぅ~。餡子の詰まった甘~い饅頭を肴に酒を
飲んだりしたら糖尿一直線・・・・・って感じがしないでもないですな。」


「丸一日たったらもう食べれますぞ。スプーンでとり出し、ワサビを
ちょいとつけて食べるのぢゃ。」


「小料理屋で呑んだ後、カウンター越しに「おひとついかが?」なぁんて
着物着た女将に差し出されたりしたらアンタ、たまらんですバイ。
(ア・ア・もう一杯・おかみさ~んっ) 酒毒を解毒が目の毒、おきのどく!」


ひゃははは~ (笑)
楽しいなぁ~~